FC2ブログ

Entries

フローズン

WIN_20181013_20_12_16_Pro_convert_20181013201304.jpg


あらすじ…日の暮れたスキー場へやってきた仲良し3人が乗り込んだリフトが、
山上への途中で停止してしまう。
大声で助けを呼んでも来ず食料もない状態で彼らは生き延びられるのか。。


皆さんもジャケットとあらすじを読んで頂ければ興味が沸くと思いますが、
この映画の肝はやはり現実に起こりえる恐怖だということ。

私も高校生の頃によくスキーに行ってリフトに乗りながら、
ここで停止したらどぅしたらいいんだろう?とか飛び降りたらどぅなるかな?とか、
好奇心からよく考えたものでした。

その答えのひとつを映画化したのが本作だと思ってください。

あらすじの詳細はスキー場に来た仲良し3人が営業時間が終わるギリギリに、
係員に頼み込んで最後の客としてリフトに乗せてもらい山頂へと上がってる最中、
別の係員との入れ替わりで【客があと3人いるからまだリフトは止めるな】と言い残すも、
たまたま主人公達とは違う3人組が滑り下りてきたことからこの3人と勘違いし、
リフトを止めたからさぁ大変。。

地上から15メートルあるリフトに取り残された3人は、
最初はすぐ直ると暗に考えていたが照明が落ちたことから、
取り残されたことに気づきパニック状態となる。

20度以下にまで冷える状況に耐えられず1人が意を決して飛び降りるが、
骨が飛び出すほど重度の骨折を負い身動きが取れないところに、
腹を空かせたオオカミの群れがやってきて生きたまま食べられる様を、
リフトから見ているしかできない2人。

ここから先は皆さんで観て頂きたいんですがあなたならこの状況でどぅするでしょうか?

マイナス20度で次にリフトが動くのが1週間後で食料もなく、
もちろんトイレも行けず発狂するのは間違いないでしょうが、
私だったらリフトを支える線を猿の要領で伝って柱から降りて逃げるって感じでしょうか。

まぁそんな上手く行く訳ないんですけど話を戻しまして、
低予算で出演者も少ない中リフトだけで1本の映画を撮り切ったのは凄いですし、
お金をかければ良いということじゃないのを証明する内容なのは確か。

実際起こりえる恐怖という点も評価して73点としときます。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://analog30.blog.fc2.com/tb.php/2576-6bf6ed5c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ちげ23

Author:ちげ23
・性別:男性
・職業:自由業
・好きなもの:PC、猫、競馬、少女時代、映画等
・嫌いなもの:ブロッコリー、茄子
・過去、現在問わず色々な事を綴ります

アクセスカウンター

Amazon検索どうぞ

検索フォーム

QRコード

QR

マイブログへようこそ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

DVDは古い、やっぱりブルーレイ♪