FC2ブログ

Entries

新感染

DSC03716.jpg


あらすじ…
別居中の妻がいるプサンへ、幼い娘スアンを送り届けることになったファンドマネージャーのソグ(コン・ユ)。
夜明け前のソウル駅からプサン行きの特急列車KTX101号に乗り込むが、
発車直前に感染者を狂暴化させるウイルスに侵された女性も乗ってくる。
そして乗務員が彼女にかみつかれ、瞬く間に車内はパニック状態に。
異変に気づいたソグは、サンファ(マ・ドンソク)とその妻ソンギョン(チョン・ユミ)らと共に車両の後方へ避難する。
やがて彼らは、車内のテレビで韓国政府が国家非常事態宣言を発令したことを知り……。



同僚に良いよと勧められて観た韓国産ゾンビ映画。

私の韓国映画に対する感覚は日本映画よりはお金がかかっているかな程度でしたが、
今作を観終わった時にゾンビ映画を観たとは思えない清々しさがありました。

私も最初は大して期待しないでボーっと観ていたわけですが、
冒頭でソグが学芸会で最後まで歌を歌わなかった娘スアンを注意する伏線が、
後半で回収するシナリオの妙であったり自分だけが助かろうとしていることを娘に注意され、
あげく見殺しにしたはずの人間たちに救われるソグ。

人としてダメなソグに反感を覚える人もいるかもしれないが、
あの状況では自分と娘の2人が助かるために選択するひとつの手段だったと思います。

主人公以外にも乗り合わせた妊婦・若いカップルや年老いた姉妹など、
各々の人間ドラマをしっかり描き切ってるから結末にも納得できたし、
この映画は特にお子さんのいる方には共感されそうで、
冒頭から感情移入して観られることは保証できるしグッときます。

個人的にはラストでソグが感染し発症して娘を襲わないように身を投げるシーンは、
スアンが産まれて自分の腕の中に抱きかかえた時の回想シーンが泣けてきますし、
影で身を投げる演出にしたのも涙を誘う良いシーンでしたね。

主人公のソグさえ死んでしまうシナリオの為、
ラストは最悪の結末を予感して観てられなかったですが、
さすがに監督もそこまで鬼ではなくスアンと妊婦は助かった的なお話。

ゾンビ映画だけどゾンビ映画じゃないこの映画、万人にお勧めできます!85点(*^_^*)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://analog30.blog.fc2.com/tb.php/2358-6bb0781b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ちげ23

Author:ちげ23
・性別:男性
・職業:自由業
・好きなもの:PC、猫、競馬、少女時代、映画等
・嫌いなもの:ブロッコリー、茄子
・過去、現在問わず色々な事を綴ります

アクセスカウンター

Amazon検索どうぞ

検索フォーム

QRコード

QR

マイブログへようこそ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

DVDは古い、やっぱりブルーレイ♪