Entries

10クローバーフィールド・レーン

DSC03237 (1)


あらすじ
ミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は目覚めると、
自分が見ず知らずの2人の男性とシェルター内にいることに気付く。
その日を境に、彼女を助けたと主張するハワード(ジョン・グッドマン)と
エメット(ジョン・ギャラガー・Jr)との奇妙な共同生活がスタートする。
ミシェルは、外は危険だという彼らの言葉を信じるべきかどうか悩んでいた。


私がオフラインでモンハンを遊ぶ時は大概タブレットでアマゾンプライムを観ながら
プレイすることが多いんですが何せゲームをしながらなんで集中していない。

要はあまり期待しないで観てるってことなんですが、
この映画冒頭に主人公が交通事故に巻き込まれ目を覚ますと見知らぬ部屋…

その設定の時点で私は完全に引き込まれゲームを止めてガン観して、
思いのほか秀作だったんで本日は急遽レビューとしました(*^_^*)


皆さんも想像してみて下さい。

夜道を車で走っていて事故に遭って目を覚ましたら見知らぬ部屋で、
脚には錠が掛けられていて自分がどこにいるかもわからない。

主人公は誘拐されたと思いさらった男に発狂するが、
その男は「救ってやった」「外は汚染されていて危険だ」と言うが信じられず、
ただそこがシェルターだということはわかるのだが。。

確かに誘拐しておいて一方的に外は危険だから助けてやったと言われても、
信じられないのが普通だし「家族や警察が私を探しに来る」と主張しても、
男は全滅して誰も来ないと言うだけ。

しかし何とか主人公はタイミングを見つけて逃げ出す寸前まで行くが、
シェルターの外は異様な雰囲気で明らかにヤバく、
男が言っていることがあながち嘘ではないことが分かり始めるのがまた面白い。

私は今作が単なる拉致・監禁の映画なのかと思ったら、
後半30分くらいでシェルターを脱出すると完全にSF映画となって、
久々に(◎_◎;)ナニこれと言った感じでも白かった。

この映画SFとして久々にお勧めします80点
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://analog30.blog.fc2.com/tb.php/2040-102f098a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ちげ23

Author:ちげ23
・性別:男性
・職業:自由業
・好きなもの:PC、猫、競馬、少女時代、映画等
・嫌いなもの:ブロッコリー、茄子
・過去、現在問わず色々な事を綴ります

アクセスカウンター

Amazon検索どうぞ

検索フォーム

QRコード

QR

マイブログへようこそ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

DVDは古い、やっぱりブルーレイ♪