Entries

ホーンズ

DSC03116.jpg


あらすじ…
恋人メリン(ジュノー・テンプル)を何者かに殺害された上に、容疑者にされてしまったイグ(ダニエル・ラドクリフ)。
苦しい日々を過ごす中、彼の額に突如として角が生えだす。
次第に太く大きくなっていく角に恐れおののくイグだったが、その角にどんな相手であろうとも真実を語らせてしまう不思議な力があることに気付く。
角を使ってさまざまな者たちの思惑を引き出し、そこから生まれる新たな疑惑に直面するイグ。
やがて事件の真相に近づいていくが、それはあまりにも悲痛で凄惨(せいさん)なものだった。

私もですがハリーポッターをまったく観てない人にとってラドクリフの演技ってどぅなの?と思いながら、
サスペンス部分に期待して観てみた本作。

ガチガチのサスペンスではなくて至る所に笑える箇所も散りばめてあり、
本格ミステリーを期待すると肩透かしを食らうことになりますが、
個人的に簡単に解説すると恋人と別れて飲んで帰って寝たわいいが、
次の日に前夜イグと別れた後に恋人が殺されたことから主人公が容疑者となり、
容疑を晴らそうと走り回るイグに人の本音が聞ける角が突然生えてくる。

まぁ角が生えるって時点で完全なフィクションなんで、
観ている方は「は?」みたいになりますけどB級映画にしては
そこそこ楽しるかと思います。私はダメでしたけどw

髭面のラドクリフが見慣れないのも含めて60点としときます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://analog30.blog.fc2.com/tb.php/1887-78e8159f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ちげ23

Author:ちげ23
・性別:男性
・職業:自由業
・好きなもの:PC、猫、競馬、少女時代、映画等
・嫌いなもの:ブロッコリー、茄子
・過去、現在問わず色々な事を綴ります

アクセスカウンター

Amazon検索どうぞ

検索フォーム

QRコード

QR

マイブログへようこそ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

DVDは古い、やっぱりブルーレイ♪