Entries

4日目

とうとう旅行も最終日。

まずはTVを付けて天気をチェックするが何とかもちそうだと安心し、
本日の予定を頭の中で想像してみる。

Sは1人で今日も朝からライター探しの旅に行くとのことで、
私とKで東京ゲームショウへと向かうことになった訳ですが、
私は途中で抜けて中山競馬場に行くことを画策してたので、
どのタイミングで行けばどれくらい競馬出来て帰ってこれるのか…
こればかりを考えていた訳ですがあまり時間がないようだ。

初めて行くということもネックでまったく時間が図れないけど
何とかなるで行くしかないと覚悟を決めたのでした(-_-;)

例え負けたとしても馬券買いませんでしたでは格好がつかない。

そんなことを考えつつも東横インでの最後の朝食となり
席が足りずに会議室に通されたのは初めてで、
ある意味さすが東横インだと思いましたねw

そんな朝食を終えましてチェックアウトし元気に
東京ゲームショウへと向かいます。

行く線路に関しては私は経験者ですので迷わずに行けましたが、
問題はスーツケースを預けるロッカーが開いているかが心配で、
あの人込みをスーツケースを持ちながらとか考えただけでも寒気がするが、
最悪の展開も考えておかないとなりません。

途中、東京ディズニーランドでだいぶ下車するも、
残った人はほぼ100%ゲームショウに行く人な訳で、
人の流れに乗って行けばあぁやっぱりという感じ(;´Д`)

ロッカーも見つけたが満杯で預けるのは諦め
持って移動することを覚悟した頃に今旅行で一番の
強い雨が降り出してもぅ最悪となる。

私「やっぱりお前は雨男かよー」
K「俺のせぃですかー!」

既に列に並んでいる以上雨に濡れるも行くしかなく、
結局入場までに30~40分は並んだでしょうか。

あれだけ濡れて文句を言っていたのにいざ入場となったら期待の方が大きくて
会場を見渡すと思いのほか空いてる感じに見て取れた。

※3年前に初めて来たときは会場が2つに分かれていて、
どの程度の規模なのかは把握していたつもりでしたが、
この3年でゲームショウの規模がとんでもない程に大きくなっていたことに
この時はまだ気づいていなかった。
頭の中で早足で回れば中山競馬場にも余裕で行けるとふんでいたのに
大誤算としか言いようがない。

そんな空いている状況から次の会場に行こうとしていつもと違うことに気付く。

3年前は会場間をこんなに歩かなかったぞ…遠目に見えたその会場が本館であり、
とんでもない大きさで嫌な予感しかしない。マジか…(◎_◎;)あんな建物しらねーぞ。

入って見回した瞬間の人の多さと広さに完全に呆然自失。。
DSC02885.jpg
DSC02886.jpg
DSC02887.jpg
DSC02888.jpg
DSC02892.jpg
DSC02893.jpg
DSC02894.jpg
DSC02895.jpg
DSC02896.jpg

やばい、今の時間が11時30分だろ…これ全部観てたら中山競馬場には間に合わない。

※ここで究極の選択となる

①…中山競馬場を諦めてゲームショウを14時までの時間いっぱい見続ける。

②…今すぐゲームショウを諦め中山競馬場へ向かう。

③…少しゲームショウを観たのち中山競馬場へ向かう。

個人的にはKと同じで地球防衛軍5を一目だけでも観ておきたいと思ったので、
ここは③番を選択することにした。

この時間的制約はKには話していなかったので、
私一人だけそわそわした感じで抜けるタイミングを計っていた。

そしてようやく目当てのブースに来たのが12時を少し過ぎたあたりで、
もぅいてもたってもいられず「俺、中山競馬場行くからあとは頼んだ!後で話聞かせて」
一目散に来た道を戻り中山競馬場に向かうも乗り換えもあるので容易ではない。

海浜幕張⇒南船橋⇒船橋法典で30分を要しここから徒歩で10分、
更に外観を撮影したのち入場して馬券を買い来た道を戻って14時に海浜駅前に集合…
可能かどうかは別として到底出来る気がしなかった(T_T)

多少の時間的余裕は見ているとはいえ14時に集合としてる以上
遅刻して連れに迷惑をかけることはできないので船橋法典まで来たものの、
戻ることに決めたのでした。。そぅ中山競馬場には結局たどり着けず、
ゲームショウもろくに観れず完全な失敗となってしまったのでした。

結局あの選択は①が正解で実馬券は叶わずともパットで我慢するべきだったんだな…
これはイイ勉強になったわ(>_<)

何とか10分前に着きSにメールしたらKがお土産を買うので時間がかかり
少々遅刻するかもしれないと言う…ふざけんなよw

彼らを待っている間、泣く泣くパットで2万程馬券を買うもハズレっていうね、
もぅ浅草の凶から流れが最悪やねんなー(-_-メ)
今日ここまで起こったことは忘れることにして残りを楽しもうと割り切ったのでした。

その後、2人と合流しリムジンバスに乗って羽田空港へ行きまして
帰りの飛行機の手続きをしてお土産の最終購入をしクルーズの待ち合わせ場所へと向かう。

添乗員がいたので迷わなったですが周りを見回すと参加者が極少に見て取れ、
「このクルーズ大丈夫か?w」となりましたが別に集合場所があり、
そちらへ行くと総勢42名でのクルーズとなりました(*^_^*)なんか安心したよ。

このクルーズに乗る予定は私がギリで詰め込んだものなんで、
自分が楽しむことは勿論ですが連れの2人が楽しんでくれないと申し訳ないんで、
それだけを気にしつつスタートすることになる。
※これがお世話になる船。それよりそんな所から乗るんすか?
DSC02897.jpg
DSC02898.jpg


最初は船内にいようかと思っていたら既にSがライフジャケット来て上に行く気満々なんで、
のせられるように私もKも船上へと昇って始まると、
飛行機の離発着がまじかで観られてこれは迫力あって面白い(^^♪

左が○○、右が○○とちゃんと説明もしてくれるし良いじゃないですか。

クルーズの行程はおよそ2時間で私は開幕30分くらいでカメラをKに託して船内に入り、
色々な人と話をしたりして夜景を楽しんでいました。

時折外に出てはKにカメラ撮れよーと声を掛けては任せて下さいと言っていたので、
クルーズでの写真は完全にKに託すことにして私は残りの時間船内にて楽しんだのでした。

※以下はKが撮った写真を掲載いたします。
※良く撮れてますね
DSC02923.jpg
※これも悪くないですね
DSC02930.jpg
※ん?自撮りしたんですか?まぁ1枚くらいは別にいいよ
DSC02927.jpg
※これは橋の下をくぐる所ですね。
DSC02935.jpg
※デッキの様子と工業夜景が綺麗に撮れてますね
DSC02947.jpg
※おっと…また自撮りですね。悪ふざけがすぎますね。
DSC02975.jpg
※これが代表的な工業夜景だと思います。名称まではわかりません
DSC02977.jpg
※クルーズ時は風が強くて説明が良く聞こえないのでコレがなんなのかもわかりません
DSC02994.jpg
※船内はこんな感じになってます
DSC03059.jpg
※たぶんコレ見た人全員吹いたんじゃないでしょうかw
DSC03003.jpg
※最後は私がKを撮って終了です
DSC03063.jpg

クルーズも終わり日程も全て終了して横浜から羽田へ戻りエアドゥの最終便にて無事帰ってきました。

新千歳は寒いくらいでしたが帰ってきたことの安堵感の方が大きく、
私はまた後部座席にて眠ってしまい起きた時には着いていたw行きとまったく一緒だなw

これにて東京旅行終了です(*^_^*)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://analog30.blog.fc2.com/tb.php/1815-a9b5b40e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ちげ23

Author:ちげ23
・性別:男性
・職業:自由業
・好きなもの:PC、猫、競馬、少女時代、映画等
・嫌いなもの:ブロッコリー、茄子
・過去、現在問わず色々な事を綴ります

アクセスカウンター

Amazon検索どうぞ

検索フォーム

QRコード

QR

マイブログへようこそ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

DVDは古い、やっぱりブルーレイ♪