Entries

パージ

DSC02514.jpg

あらすじ…
年に12時間だけ、殺人を含む全ての犯罪行為を合法にする法律が定められたアメリカ。
パージと呼ばれるその日を迎えたジェームズ・サンディン(イーサン・ホーク)は、
最先端のセキュリティーシステムによって保護された自宅で妻子たちと夜を過ごすことに。
だが、パージがスタートするや、ある男がジェームズの家に助けを求めてやって来る。
息子がセキュリティーシステムを解除して彼を家にかくまうが、男を殺そうとする近隣住民が続々と集結。
暴徒と化した彼らに囲まれたジェームズたちは反撃に挑むが……。


初めてあらすじを読んだときに強烈に引き込まれ「自分ならどぅするか?」と考え、
作品ではどんな展開になるのか観ない訳にはいかなかった。

パッと頭に浮かぶのが現行の【時効】って法律で例え犯罪をおかしても、
時が経てば無罪になる。果たしてそれで解決するのか?


作品に沿って話すとして現実社会でパージ中に銀行強盗をしたとしよう。

12時間の間に行ったのであるから罪には問われないかもしれないが、
12時間後以降は平穏な生活はもぅ戻ってこない…それが罪がなくてもだ。

あの人はパージの時に「銀行強盗」をやったんだと一生言われ続けることになる。

結論から言ってしまうと主人公は死んでしまうんですが、
殺した犯人の12時間以降の生活の変化だったり犯行に加担した近所の人達など、
特に近所の人は主人公一家を殺そうとしておいてパージ後は今までと変わらない付き合い等できるわけがなく、
その点を語ってないのが残念でありました。

矛盾点は多々あるものの内容的には私は面白かったので76点とします(*^_^*)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://analog30.blog.fc2.com/tb.php/1542-cfef756e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ちげ23

Author:ちげ23
・性別:男性
・職業:自由業
・好きなもの:PC、猫、競馬、少女時代、映画等
・嫌いなもの:ブロッコリー、茄子
・過去、現在問わず色々な事を綴ります

アクセスカウンター

Amazon検索どうぞ

検索フォーム

QRコード

QR

マイブログへようこそ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

DVDは古い、やっぱりブルーレイ♪