Entries

6分の3

昨日の午後、仕事にて面白いことがありました。

旭川市4条14丁目にある「レトロハウス」ってところに仕事で行ったのですが、
あいにく留守の様で誰もおらずどぅしようかなと思っていたら
入口から5~6人の中国系アメリカ人が入ってきたんです。
※ココは外国人が格安で泊まれる民宿みたいなところ。

私は内心「うわータイミング悪いなぁ、話しかけてくるなよ」と思いながら、
仕事を片付け店外に出ようとしたときに悪魔のささやきが聞こえたのです。
「ヘイ、○○○…」ん?見た目はアジア人で何言ってるか聞き取れないが、
私に対して話掛けてきた(◎_◎;)ヒーーーーーw

ここは落ち着いて、
私「何ですか?」
外人「日本語NO~」
私「日本語NO~って【日本語】ってしゃべってるじゃんよーw」
ここで外人がスマホを取り出して電話帳を開き、
登録されてるある電話番号を指さした。

私が予想するに「ココの電話番号はコレか?」と聞いてると解釈し、
その番号を見ると明らかに固定電話の番号ではなかった。

そもそも入ってすぐのカウンターに携帯ですが電話番号が書かれており、
「留守の時はココに電話して」みたいなこと書いあるじゃないですか。

私は苦手な英語を駆使して5分ほど説明し最後に「OK?」と聞きましたが、
外人はカウンター向こうにある固定電話とスマホを交互に指さし、
あの電話の番号が知りたいんじゃ!ボケが!と聞こえそうな感じで興奮してきた。

私も仕事中であり半分面倒くさくなってきたので、
最初に見せられた番号を指さして「イエースw」と自分で話してて吹き出しそうになったが、
外人はそれを真に受け納得したので逃げるように店の外へと逃げだしました。

ちなみに全員が男性で、もしこれが女性だったら私が携帯に連絡してあげる等の、
親切心もあったもですが基本外人は苦手ですね(>_<)

あの一行はどぅなったのだろうか…w
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://analog30.blog.fc2.com/tb.php/1503-e0e1b7e4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ちげ23

Author:ちげ23
・性別:男性
・職業:自由業
・好きなもの:PC、猫、競馬、少女時代、映画等
・嫌いなもの:ブロッコリー、茄子
・過去、現在問わず色々な事を綴ります

アクセスカウンター

Amazon検索どうぞ

検索フォーム

QRコード

QR

マイブログへようこそ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

DVDは古い、やっぱりブルーレイ♪