Entries

スカイライン

DSC01978.jpg


あらすじ…
ロサンゼルスの親友に会いにきたジャロッド(エリック・バルフォー)とエレイン(スコッティー・トンプソン)。
早朝4時ごろ、突如として青白い光と共に不気味な音が響き、友人が光の中に姿を消してしまう。
窓の外ではたくさんの巨大な飛行物体が空を埋め尽くし、地球から人間を次々と吸い上げていた。

よくあるSF物と言えばそれまでですが、他の方のレビューの通り
全編が主人公を含めた一般市民からの視点からでしか語られないため、
宇宙人(エイリアン?)が何の理由で地球にきて人々をさらっているのかの
簡単な説明もないのでただ画面観ながら置いてけぼりを食う感じで進んでいきます。

そりゃ宇宙人がいちいち「私達、人間嫌いだから殺します」なんて説明する訳ないんですが
あまりにも説明不足すぎますね。

結局のところ青い光を見た人間を宇宙船に吸い上げていた理由は殺すのでも誘拐するのでもなく
脳を取り出して(結局死ぬのねw)宇宙生物に移植?して人間の思考を利用するため?
ようするにようわからないw

主人公のジャロットも脳を取り出されてしまうんだけど、
彼が特別なDNAでも持ってたのか宇宙生物の身体を乗っ取ってしまい、
吸い上げられた人間を助けます…こんな感じで「1」が終了。
そぅ完璧に続編ありきで終わってしまったのです(*_*;

映像も綺麗だし戦うシーン等も迫力あるので
SF映画のボーダーラインは越えてると思う本作は70点にします(#^.^#)

※宇宙船に人間が吸い込まれる場面
DSC01979.jpg

※これはタコのような見た目ですが大小さまざまな種類がいて、
この身体のなかに人間の脳がひとつ入っている訳です。
DSC01980.jpg

※遠くから観た吸い上げてる場面
DSC01983.jpg

※この吸い上げる青い光の説明がわかりません
DSC01984.jpg
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://analog30.blog.fc2.com/tb.php/1025-1d67c530

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ちげ23

Author:ちげ23
・性別:男性
・職業:自由業
・好きなもの:PC、猫、競馬、少女時代、映画等
・嫌いなもの:ブロッコリー、茄子
・過去、現在問わず色々な事を綴ります

アクセスカウンター

Amazon検索どうぞ

検索フォーム

QRコード

QR

マイブログへようこそ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

DVDは古い、やっぱりブルーレイ♪